【旅エッセイ】台中の逢甲夜市と忠孝夜市で食べ歩き

旅エッセイ

〈旅日記1〉 台湾(台北・台中)

4日目 夜

台中に到着してはじめて夜を過ごす。夕暮れどきにホテルを出て、台中の街なかを少し散策。市街地エリアは思っていたよりもずいぶん都会的で、人があふれている。

台湾旅の楽しみのひとつは、夜市めぐり。台北や台南でもいろいろな場所に足を運んでいるけれど、台中ははじめて!

まずはいちばん大きな逢甲夜市を訪れることにした。

タクシーに乗り、15分ほどで逢甲夜市に到着。

少し狭い通りに屋台やショップが並び、縁日のようでわくわくする。早々とお目当ての店を見つけられたので、まずはこちらへ。

台湾人の方がグルメ記事でおすすめしていた「紅茶臭豆腐」というもの。アールグレイ紅茶の菌で発酵させたという特別な臭豆腐らしい。店頭には行列ができていたものの、回転が早いのですぐに購入できた。

コンビニエンスストアで調達してきたビールとともに味わう。

一口サイズの臭豆腐には、ソースや泡菜などが添えられている。紅茶の風味は…うーん、分からないけれど、カリッと揚がっていてとてもおいしい!香ばしくてあっさりしているので、苦手な人でも食べやすそうだ。ビールにもよく合う。

食べ飲み終わって落ち着いたところで、夜市をぐるりと回ってみた。大学の近くということもあり、お客さんもお店の感じも、わりと若めなのかしらという印象。

夫も私と同じくらい好奇心旺盛なので、こういうときはとにかく歩く。ふたりとも「あれ?」と目をとめるところが一緒だったりして、それだけでも楽しい。

定番の屋台グルメを横目でちらちら眺めながら歩いていると、おいしそうなものを発見。

鶏腿捲という、鶏の皮をくるくる巻いて焼いたB級グルメで、ほかの夜市でもよく見かける。焼いているお兄さんの手際もよかったので、唐辛子をかけたピリ辛味を1本買ってみた。

大きな焼き鳥を食べているようで、ちょっと不思議。ぎゅっと巻かれた皮の内側にはジューシーな肉汁が詰まっている。少々脂っこいので一本で十分だけれど、ビールのすすむパンチの効いた味わいでした。

にぎやかな場所を歩き続けて、ちょっぴり疲れた私たち。逢甲夜市を後にして、次の目的地へと向かう。

やってきたのは台中駅の近くにある忠孝夜市、こちらはローカルよりの夜市らしい。歩行者天国はなくて、道路の脇に大小さまざまなお店と屋台がずらっと並んでいる。

まずは「正老牌麺線糊」という有名店で、大好きな麺線をオーダー。

食事スペースが広くて、ゆっくりと過ごせるのが嬉しい。麺線は、台北のよりも少し甘めで、麺が細い。スープがどろりとしてお粥のようだ。薬味にバジルが添えられているのも、いつもと違って新鮮! こちらでもひたすらビール。

忠孝夜市は、ほぼすべてのお店が飲食店のようだ。名物もたくさんあるようで、お客さんでひしめく人気店も点在している。時間が遅いこともあってか、観光客らしき姿はほとんど見かけなかった。

最後にもう少し食べたいね、と蚵仔煎(牡蠣オムレツ)の文字が描かれたお店へ。

蚵仔煎はさっくりとしていて薄く、意外とボリュームひかえめ。このピンク色のソース!オーロラソースというにはちょっと違うような…上にかかった茶色のソースも含めて、全体的にかなり甘めの味つけだった。

それでもやっぱりおいしいな。予想とは違う味にであうのも、旅の醍醐味だと思う。

時間が許すなら翌日もこの夜市でおいしいもの探しをしたいな、とこっそり考えつつホテルへ戻る。

関連記事一覧