台湾の食と文化を伝える、ミニュイの台湾シリーズ

台湾あれこれ

はじめに

私が大阪に住んでいた頃、立ち上げた本サイト「旅のあと、ふたりのレシピ」。この春、現在の形にリニューアルするとともに、引越し先の台湾で出合うものやできごとを記録する「台湾あれこれ」というカテゴリーを作りました。

本サイトは、「旅、料理、暮らし、それぞれのジャンルにおいて、日々を愛でるささやかなアイデアを発信していく」をテーマに、編集とライターの仕事をしてきた私が自ら足を運び、誰かに会い、写真を撮影し、時には料理やレシピを作り…そうして記事の執筆や編集作業を行っています。

台湾での素敵な出合い

大好きで、以前から何度も旅行に訪れていた台湾。夫の仕事の関係で2019年11月に台北へと引っ越してきてからは、現地の方々と知り合い、さまざまな場面における交流を通じて、たくさんの貴重な体験をさせてもらっています。そして今、一つの出合いがご縁ヘとつながり、新しい活動をスタートすることになりました。

あるとき、台湾で四知堂という台湾料理レストランを経営するオーナー、陳超文さんと出合いました。彼は現在、日本の金沢に新しいレストランをオープンさせようと準備中。もともと日本はもちろん世界各地の食文化にも詳しく、アンティークやインテリアにも造詣の深い素敵な方です。

ワインや料理の好み、考え方など共通点が多く、いつしか夫婦ぐるみで定期的にお会いするように。意気投合し、色々な話をするなかで、「いつか一緒に本を作れたら楽しいね」というお誘いをいただきました。

台湾の食と文化を記録する

そんな流れで、台湾の食文化について多方面から教えてもらいながら、それを記録するという、新たな活動をスタートすることになりました。超文さんとは今も毎週のように一緒に過ごす時間を作り、いろいろな「おいしい」や「楽しい」を共有しながら学びを深めています。

実際に本にするのかは、まだ分からないのですが…台湾の人々が日々をどんな風に過ごしているのか、どんな物を作ったり食べたりしているのか。季節ごとの楽しみや伝統行事なども交えながら、それらを写真と自分なりの言葉で記していくつもりです。

「ミニュイ」の台湾シリーズ、スタート

私は大阪にいた頃、旅ごはんとお酒にまつわるソロユニット「Minuit(ミニュイ)」として、大阪・中津「キタの北ナガヤ」にあるシェアキッチン「キタナガキッチン」と、レンタルスペース「Shiten」にて、不定期の週末に「旅ごはんとお酒  bar ミニュイ」をオープンしていました。

世界のごはんとお酒を作って楽しむ「ミニュイ」の活動が、こういう形で続けられること、また台湾という大好きな場所で再開できることを、運命のように感じています。

サイトトップページにはInstagramのアカウントリンク、Twitterのタイムラインなども載せております。もしご興味がある方がいらっしゃいましたら…たまに覗いていただけると嬉しいです。

さいごに

スローペースでの記事更新にはなりますが、現地の人でも旅行者でもない私の目線から見た、台湾の有り余る魅力をお伝えしていけたらと思っています。

食やお酒、料理、食卓を楽しむこと、旅をすること、異文化を知ること、学ぶこと。それらを通じて、日々がもっと豊かに、幸せに、美しいものになると信じて。

関連記事一覧