朝食にもおつまみにもぴったり
台湾式のおかゆ・肉粥のおいしい作り方

台湾あれこれ

「ミニュイの台湾シリーズ」について

ライター兼料理家である筆者が、台湾の食や文化を現地で学ぶ「ミニュイの台湾シリーズ」。旅ごはんとお酒にまつわるプロジェクト「Minuit(ミニュイ)」の活動として、主に本サイトにて発信を続けています。

自身の目で見て体験する現地での生活、食文化、お出かけ先や旅行先でのあれこれを、写真とともにご紹介していきます。詳しくは第一回記事(台湾の食と文化を伝える、ミニュイの台湾シリーズ)をご一読ください。

はじめに

先回の記事にて、台湾のウェブメディア「初耳 hatsumimi」の取材&インタビューを受けたことをお伝えしました。

今回は、記事のなかで超文さん(チャオさん)が教えてくれていたいくつかのお料理の中から、簡単でおいしい台湾式お粥・肉粥(ロウジョウ)の作り方をご紹介します。

View this post on Instagram

先回投稿の続き。 東門市場での買い物を終えて、TUA四知堂に到着した私たち。 この日は、四知堂オーナーの超文さんから、肉粥(台湾式お粥)の作り方を教わりました。 豚肉、干し海老、しらす、しいたけ、ねぎ、香菜…たくさんの食材が入って旨みたっぷりの贅沢なお粥が完成。日本のお粥とはまったく異なる作り方ですが、暑い日でも食欲がすすむ逸品です。 ほかにも、季節の食材を使ったさまざまなお料理がテーブルに並び…初耳スタッフの皆さんも一緒に、いただきます。 茹ではまぐり、クロマグロのレアステーキ、たけのことスペアリブのスープ、台湾風茹で鶏、海老とゴーヤの炒めもの。どれもおいしくて感激! 合わせたのはフランス・ラングドックのワイン。Domaine Peyre Rose が手がけるCoteaux du Langueddoc Oro 2002は、豊潤な果実味とミネラル感、とろりとした蜜のような味わいが印象的。 実際に飲んでみて、幻のワインといわれる所以が少し分かったような気がしました。 のんびり食事をしながら超文さんに作り方を聞いたり、みんなで台湾と日本の食文化の違いについておしゃべりしたり。とても楽しく、有意義な時間を過ごすことができました。 自分たちが普段どのように台湾文化にふれて、楽しんでいるのか。それを記録してもらえるのはとても嬉しいし、貴重な経験。ほんとうにありがとうございました♡ #台湾 #taiwan #台湾料理 #台湾グルメ #台湾旅行 #台湾美食 #台北美食 #ミニュイの台湾シリーズ #初耳hatsumimi #ワイン #ワイン好き #中華好き #台湾ごはん #peyrerose

A post shared by ミニュイin台湾 旅のあと、ふたりのレシピ (@minuit_mia) on

種類いろいろ、おいしい台湾のお粥

日本では、風邪をひいたときや胃腸の具合があまりよくないときに、養生食として食べるイメージの強いお粥。台湾ではもっとポピュラーで、朝食にランチに、夜食に…と、普段から親しまれている料理のひとつです。

台湾の街を歩いていると、あちらこちらの屋台や小吃店のメニューに「肉粥」という文字があるのを見かけます。

朝ごはんとしてよく食べられているのが、写真のとおりスープが多いさらっとしたタイプのもの。同じ中華圏、たとえば香港のトロトロに煮込まれた香港粥とは、ずいぶん印象が異なりますよね。

台湾の多くの屋台では、大きな鍋にまとめて作って、アツアツをお椀によそってくれることが多いです。また、サイドメニューには紅焼肉(紅麹に漬けた豚肉の唐揚げ)をチョイスするのが定番。

お粥に入れる具材はお店によって、シンプルにネギ、セロリ、お肉を加えただけのものから、牡蠣や海老、きのこ、全部のせなどさまざま! その場合は「海鮮粥」「香菇粥」「綜合粥」などと呼ばれます。

簡単でおいしい、台湾式のお粥

それでは、簡単でおいしい台湾式お粥・肉粥の作り方をご紹介していきます。

チャオさんにレシピを教えてもらったところ、「分量はあってないようなもの、好きなものは多めに入れていいよ」と回答をいただきましたので…下には材料名のみ記しておきます。ちなみにお粥は10倍粥(米1 : 水10)をベースにしていますが、お好みの加減に仕上げていただいてOKです。

台湾式お粥・肉粥の作り方

〔材料(作りやすい分量)〕

お米、オリーブオイル、チキンスープ、豚肉(食べやすく切る)、好みの海鮮(写真下は牡蠣、ハマグリ)、干しエビ、干ししいたけ、揚げエシャロット(市販のものでOK)、ラード(あれば)、セロリ、香菜、青ネギ、生姜、白胡椒

〔下準備〕

お米はさっとといで水気を切っておく。豚肉は食べやすくカットする。干しエビと干ししいたけは水で戻し、しいたけは細切りにする。セロリ、香菜、青ネギはみじん切り、生姜は千切りにしておく。

〔作り方〕

1.土鍋にオリーブオイルを入れて熱し、豚肉を炒める。

2.干しエビ、干ししいたけを加えてさっと炒める。

3.お米も入れてさらに炒める。

4.チキンスープを加えて、お米が柔らかくなるまで中〜弱火で煮る(スープは少し多めかな?と思うくらいがベスト)。

5.揚げエシャロット、ラード、好みの海鮮を加えて、海鮮が煮えたら火を止める。

5.セロリ、香菜、青ネギ、生姜、白胡椒を入れて混ぜ合わせ、器に盛りつける。

〔おいしくつくるコツ〕

お米は柔らかくなりすぎないように、芯が少し残るか残らないかくらいで仕上げましょう。また、白だしやお醤油を少し加えたり、チキンスープをだしに変えたりしてもおいしいです。

さいごに

今回チャオさんに教えてもらったのは、お肉や海鮮、その他に具材がたっぷり入った贅沢バージョン。上質なオリーブオイルを使ってお肉を炒めたり、香りのよい薬味を惜しみなく入れたりすることで、ワンランク上の味わいになりました。

より正統派なお粥にしたいときは、オリーブオイルをごま油に変える、具材を少し減らすなどして、シンプルに仕上げるのもおすすめです。

じっくりと煮込む手間がいらないので、思い立ったらすぐに作って食べられるのが嬉しい台湾式のお粥・肉粥。さらに、台湾ビールや台湾の紹興酒とともに味わえば、おうちでも旅気分を楽しむことができるはず。ぜひ一度、チャレンジしてみてくださいね。

関連記事一覧