【レシピ】あさりとクレソンのアーティチョーク味噌炒め

食とお酒

「春を感じる、和洋折衷ワインごはん」の記事でご紹介する「あさりとクレソンのアーティチョーク味噌炒め」のレシピです。

あさりとクレソンのアーティチョーク味噌炒め

ふき味噌を作るかわりに試してみたアーティチョーク味噌は、意外なおいしさにびっくり。なんといっても、山菜のような苦みとタケノコのような香りがやみつきになります。あさり&クレソンの黄金コンビにこのペーストを合わせれば、まさに春の味わいです。

材料(2〜3人分)

あさり 200g
クレソン 100g
アーティチョーク(柔らかく茹でたもの。水煮やオイル漬けでも可) 2個分
オリーブオイル 適量
味噌 大さじ1
みりん 大さじ1
お酒 大さじ1
はちみつ 大さじ1/2
白ワイン 適量
ホワイトペッパー 適量

作り方

1.アーティチョーク味噌を作る。アーティチョークの水気を絞り、オリーブオイルをひいたフライパンに投入。弱火で熱して、味噌、みりん、お酒、はちみつを加えて混ぜながら煮詰めたら、保存容器にうつす。
2.別のフライパンにオリーブオイルをひき、アーティチョーク味噌を適量入れる。中火で熱してふつふつしてきたら、強火にしてあさりを投入し、白ワインをまわしかけてふたをする。
3.あさりの口が開いたらフライパンのふたをとり、クレソンを入れてさっと混ぜ合わせる。
4.3をお皿に盛り付けて、ホワイトペッパーをふる。

おまけ

生から茹でるのが断然おいしいアーティチョークですが、日本ではなかなか手に入りにくいかもしれません。オイル漬けや水煮であれば、輸入食材店やオーガニックスーパー、インターネット通販などで購入できると思います。

関連記事一覧